日産セレナでの快眠のために色々なマットを試した結果

こんにちわ。不可思議絵の具です。

日産セレナ(C26型)で車中泊用マットを新しく導入したので、それまでにベットについて試行錯誤してきた結果を書きました。

僕は日産のセレナ(C26型)に乗っていて、大体月2回位のペースで妻と2人で車中泊旅行しています。

車中泊の良いところは一番は当然、宿泊費がタダになるってところなんですが、個人的には旅の自由度が上がることの方が大きいと思っています。

自分は「目的地で遊ぶ」というよりは、その過程の「ドライブ」を楽しむことの方が強いので、とりわけ何処に行きたいとかがあるわけじゃない。

だからふと思い立ったら即出かけたい。

今すぐナイトドライブしたい。

夜の寂しい雰囲気のSA/PAサイコー!なわけです。

ビジホや旅館を予約するのは面倒くさい。

特に旅館だとメシとか風呂の時間の制約がきつい

だから旅のスタイルがビジホや旅館を使ったものから車中泊に自然とシフトしていきました。

車の中のカプセルホテル感というか、秘密基地感も良いですしね^^

学生時代からボチボチやってはいましたが、本格的に車中泊にシフトしたのはここ5年位のことでしょうか。

車中泊の醍醐味かつ最重点ポイントは夜の睡眠

はっきりいって就寝時のベッド(フラットスペース)さえちゃんとすれば何泊でもできます。

一番長い時で年末年始の休みの時に10泊しましたが、全く問題ありませんでした。

ただ、この快適を得るまでは様々な紆余曲折がありました。。。

そのまま寝てみる

最初は2列目と3列目をフラットにして何も敷かずにそのまま寝てみました。

昔はリクライニングさえ出来ないロードスターで仮眠を取っていたのでこの程度は楽勝と思っていました。

が、そうではありませんでした。。。

一見フラットではありますが、完全なフラットではないのです。

当たり前ですが座席というものは座った時に快適なように作られているので、お尻や腰がズレないようにするため席の左右が出っ張っています(バケットと言うのですかね?)。

2列目のシートベルトの留め金が腿やお尻に当って痛いし、2列目の背中と座面に大きな段差があるので横を向くと膝が浮く形になって辛い。。。

寝るには寝れましたが、「何となく寝返りがうてない窮屈さ」 から熟睡できず、次の日身体が痛くなったのでした。。。

エアーベッド

次に「エアーベッド」を試しました。

コールマンのコンフォートエアマットレスのダブルサイズで、当時7,000円位だったでしょうか。

エアーマットレスはポンプも必須です。

車のシガーソケットから電源を取る電動ポンプもセットで買いました。

※キャンプとか、車の外でも使う人は電池式の方がいいかな。

これは寝る上では最高でした。

段差を全て吸収してくれるので完全なフラットが得られます。

ダブルサイズはセレナの後席にピッタリ収まりますので見た目も良いです。

でも、凄く厚みがあるんですよねコレ(^^;

快適さとのトレードオフで天井との圧迫感が強いのです。

後席で着替えたり身支度する嫁さんからは不評でした。

また、空気で膨らませるものですのでポンポントランポリンのように跳ねてしまうんです。

片方が寝返りを打つと微妙に跳ねるし、夜中片方がトイレに行く時なんかは確実に目が覚めてしまいます。

マットレス+布団

次に「マットレス+布団」を試しました。

ニトリでダブルの3つ折りマットレスを購入して、その上に普通のダブルサイズの布団を敷きます。

エアーベッド程ではありませんが、かなりのフラット感です。

下にスノコを敷いたら家と変わらぬパーフェクトな寝心地です。

自分が一軒家暮らしだったらこれで落ち着いたと思います。

積み下ろしが問題ないなら最強の選択肢です。

が、自分はマンション住まいで、エレベータの乗り降りが必要なので、マットレスと布団の積み下ろしが大変です。

まず、マットレスが男の手で両手いっぱいに抱えなければならない程大きいので、運び込みが1回では済みません。

必ずマットレスと布団の2回往復が必要です。

いや、一気に2つ持てなくはないんですが……重いし、かさばるし、前が全く見えないしで、かなりキツイです。

凄く目立つのでこれらを抱えた状態で人に会うとなんか恥ずかしいです。

嫁さんからも「夫婦喧嘩したとか夜逃げしてると思われるからやめて!」と言われました^^;

かと言って仕事で後席に人を乗せるので、敷きっぱなしというわけには行かないんですよね。。。

放置しているとマットレスにカビが生えますし。。。

車中泊用マット

そんな理由から

  1. コンパクトに畳めて持ち運びがし易い
  2. なんなら車に積みっぱなしでも邪魔にならない
  3. 広げると膨らんだり厚みが増す
  4. ポンプ不要

こういった特徴のあるマットがないかネットを探していると、オンリースタイル車中泊専用マットという商品がこの条件に合っていました。

公式サイトの商品ページを開く

公式サイト以外に、Amazonや楽天でも売っています。

自分が買ったときは公式サイトが一番安かったです。

公式サイトの値段はレビューを書くことが前提になっていますが、実際にはカートに入れた時点で値引き済みになっていましたw

だからでしょうか、レビューや設置済み写真も沢山書かれており、大変参考になりました。

レビューがベタ褒めばかりでないのも逆に信頼できて好印象ですw

幅がシングルサイズしか無いので、後席を寝室にするなら2枚買わなきゃいけないのがちょっと辛いですが、コストパフォーマンスで考えると、

  • 自分の場合月に4泊程度(月に2度、金曜日の夜と土曜日の夜)車中泊しているので、
  • 年間48泊(4泊×12ヶ月)。
  • マット代の3万円を48泊で割ると、2名一泊625円。

漫喫以下の値段で、面倒な荷物運びが楽になるなら良いかと思い、購入しました。

セレナC26は3列目の一番幅の狭い部分でも126cmあります。
幅100cmのワイドサイズもあるんですが、2人で寝るには少し物足りないと思います。
ちょっと高くつきますが、幅66cmのシングルサイズを2つ敷いたほうが足元が広くなります。
また、一人で寝るときに片方だけ敷く使い方ができます。

使用感ですが、1泊目は少し失敗しました。

膨らみが足りないのでイマイチです。

公式サイトをよく読んでなかったのが敗因ですが、使う前に2~3日は開いて放置しておく必要がありました。

ただ、2泊目以降は全く問題ありませんでした。

春先で温かいのが良かったのかな?

今はすっかり馴染んでおり、思った通りの使い勝手と寝心地にとても満足しています。

公式サイト(下記リンク)にセレナの写真が沢山紹介されているので、是非見てみてください。

写真の紹介ページを開く

スポンサーリンク

シェアする