大自工業(メルテック)SG-3000DXのバッテリー交換方法

こんにちは。不可思議絵の具です。

大自工業(メルテック) SG-3000DXのバッテリー交換方法を解説します。

エンジン停止後の車内での電源として大自工業(メルテック)のSG-3000DXを愛用していましたが、充電を忘れていたらバッテリーが上がってしまいました…(T_T)

長いこと売れ残っていたものを買ったためか、もともと図体の割に蓄電量が少ないなあと思っておりましたが、今度のバッテリー上がりで完全にトドメを刺してしまったようで、充電して残量が全然増えなくなってしまいました。

仕方がないのでAmazonでバッテリーを購入し、自力交換しました。

SG-3000DXは廃番となり、後継のSG-3500LEDになりました。
SG-3500LEDでもこの記事の内容は通用する模様です。

購入したバッテリー

今回購入したのは台湾Long社製の「WP20-12(12V 20Aタイプ)」です。

こんな箱に入ってきました。

LONG製 WP20-12外箱

左が元々入っていた純正バッテリー、
右が今回購入したバッテリーです。

純正品と並べた様子

バッテリーの寸法や端子の寸法・位置は全く変わりませんので、安心して差し替えられます。

端子の幅に違いはありません

交換のやり方

交換のための作業手順は以下のとおりです。

  1. 裏蓋を開ける
  2. バッテリー端子を外す
  3. バッテリー交換して端子に接続

順に図解してゆきます。

バッテリーの端子を触る時は注意が必要ですが、全体的に簡単でした!(^o^)

①裏蓋を開ける

裏蓋にある4つのプラスネジを外し、裏蓋を開けます。

本体裏側の4本のプラスネジを外す

裏蓋を開けた状態です。

フタを外した様子

バッテリーの左側(黒色)がマイナス、右側(赤色)がプラスの端子です。

バッテリーを外して持ってみると分かりますが、SG-3000DXの重さは全てこのバッテリーが原因だと分かります(^^ゞ

②バッテリー端子を外す

さて、ここが一番ビビるところです。

ショートさせると火花が吹いて本当に怖いです。

下手すると死にます。
ドライバーが両側の端子に触れないように(ショートさせないように)慎重に作業します。

外す順番が大事です。

最初にマイナス端子(黒色)から外し、次にプラス端子(赤色)を外します。

端子はマイナス側から外す

ネジを外す時は、ナットをモンキーレンチやペンチで固定しながらプラスネジを回します。

とにかく、こういった工具が他の金属部分に当ってショートしないように、慎重に作業しなければいけません。

ペンチでボルトを押さえながらネジを回す

③バッテリーを交換して端子に接続

バッテリーを新しいものに替えて、バッテリーの端子を接続します。

繋ぐ時は最初にプラス端子(赤色)を付け、次にマイナス端子(黒色)を付けます。

外す時と逆な点に注意

裏蓋を閉めて完了です。

残量が満タンまで回復しました!

容量が回復

まとめ

割安でバッテリーを新品に換えることができて満足です。

本体を買ってきたときよりも明らかに電池持ちが良くなり、流石に新品は違うなと実感しました。

作業も簡単で15分もあればできますから、本体を買い直す前に検討して見る価値大アリだと思います。

では(^O^)/

スポンサーリンク

シェアする